株式会社Real Style 0120-242-007

練習時間を増やさずに、上達スピードを2倍にしたいなら…?もう、ショット練習ばかりに時間を費やすのはやめてください!

お申し込み

  • あなたは、上達スピードの速い人と遅い人の
    「決定的な違い」を知っていますか?
  • あなたは、なぜ、ショット練習を頑張っても、
    試合に勝てないのか知っていますか?
  • あなたは、どうすれば、
    練習の成果を試合で100%発揮できるか知っていますか?

今日は、いいことを教えましょう…

こんにちは、卓球三昧の藤井です。

先日、私が教えている卓球スクールに、一人のお客さまが来られました。

来店された理由は、自己流の練習に限界を感じはじめたこと。

基本的なショットを覚えたところで、上達の壁にぶつかり、
練習をくり返しても上達できず、試合にも勝てないというのです。

しかも、普段は仕事で忙しく、練習したくてもあまり時間が取れないといいます。

「上手くなりたいけれど、練習する時間がない」
「何とか、もっと効率良く上達できる方法はないだろうか」

このような悩みは、忙しい社会人の卓球愛好家や、
部活時間が限られている卓球部の先生など、実際、多くの方が抱えています。

私の教えている生徒さんにも多い悩みですので、
もしかすると、あなたにも心当たりがあるかもしれません。


そこで私は、「時間がないけれど、上手くなりたい」という、
彼の悩みを解決するため「ある練習方法」を教えることにしました。

彼は、口でリズムを取りながら、その練習をくり返します。

そして、30分後…。

なんと彼の動きは、別人のように良くなり、
今まで返せなかったボールまで、ラクラク返球できるようになったのです。

「こんなすぐに上手くなれるなんて!」
「藤井さん、信じられません!」

彼の嬉しそうな顔が、とても印象的でした。


もしかすると、

「本当にそんな短時間で上手くなれるの?」
「大げさに言っているんじゃないか?」

と、思われるかもしれません。

でも実は、彼のように練習方法を少し変えるだけで、
別人のように上達できるケースは、珍しいことではないんです。

私が、いったいどんな練習方法を教えたのか?

今から、練習時間を増やさなくても、2倍のスピードで上達できる、
とっておきの練習方法をあなたにもお伝えいたします。

プロ卓球コーチ、卓球三昧 / 藤井貴文(ふじいたかふみ)プロフィール

藤井貴文(ふじいたかふみ)

2010年に東京・高田馬場に卓球教室「卓球三昧」をオープン。抽象的な言葉を使わず、具体的でわかりやすい独自の卓球理論「三昧メソッド」が高く評価され、オープンからわずか3年で、1,000人を超える選手を上達させる。卓球専門誌「卓球王国」で基礎打ちの講師としての執筆をおこなうなど、活躍の幅を広げている。


主な戦績
2002年 サフィール国際大会クラス1優勝
全日本学生選手権13位
全日本選手権シングルスベスト32
2003年 インカレ2位
2007,8,10,11年 全日本クラブ選手権ベスト4
2010年 全日本選手権ダブルスベスト32

関東学生リーグ通算成績
個人成績17勝5敗18不戦
2001,2,3年 春 優勝
2003年 秋 優勝
2000年 春 新人賞
2001年 春 殊勲賞
2002年 春 優秀選手賞

全日本選手権出場回数 4回
全日本総合ランキング最高位 29位
掲載メディア
卓球王国 2012年7月号、8月号、9月号
卓球王国 2012年7月号、8月号、9月号
DVD
試合に勝つための「必須」スキル
~フォア&バックハンド編~
試合に勝つための「必須」スキル2
~サーブ・レシーブ・カウンター・ブロック・ロビング編~
試合に勝つための「必須」スキル(フォア&バックハンド編)

1,000人以上を指導してわかった、上達スピードを2倍に加速させる「2つのポイント」

「練習時間はあまり取れないけれど、もっと上手くなりたい!」

真剣にそう思うなら、あなたが、今すぐに取り組むべきポイントは「2つ」。

これらは、私が、1,000人以上を上達させた経験から導きだした、
「短時間で上達するための必須条件」ともいえる、とても大切なポイントです。


1つ目は、「試合をイメージした練習をする」こと。

「試合をイメージしなさい」

あなたも、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

何も考えずに、ただラケットを振るだけの練習をするよりも、
試合をイメージした練習をする方が効果的なのは、言うまでもありませんよね。

しかし、問題なのは「試合をイメージしなさい」と言われても、
卓球初心者は、具体的に、何をどうイメージすればいいのかわからないこと。


実際、「試合をイメージしなさい」と教えても、多くの人が、
何もイメージできないまま、ただラケットを振る「形だけの練習」をくり返しています。

短時間で試合に勝てるスキルを習得したいなら、今やっている練習が、

「試合のどんなシーンで使う練習なのか」
「どんな相手と対戦するときに活かされる練習なのか」

など、明確にイメージできなければなりません。


2つ目は、「複数の技術を組み合わせた練習をする」こと。

ある一定のレベルから上達できず、伸び悩んでしまう人に多く見られるのが、

「フォアハンドなら、フォアハンドだけ」
「バックハンドなら、バックハンドだけ」
「ドライブなら、ドライブだけ」

などのように、1つの技術ばかりを集中的に練習していること。


ショットを覚える一番最初の練習ならいいですが、
このような練習をくり返しても、なかなか勝てる技術は身につきません。

なぜなら、実際の試合では、1つの技術ばかりを使うシーンはほとんどないから。

なので、試合で活かせる技術を身につけたいと思うなら、
複数の技術を組み合わせたり、切り替えたりする練習をしなくてはなりません。


ここまでの話をまとめると、
あなたが、今の練習時間のまま、2倍のスピードで上達するには、

・試合をイメージした練習をすること
・複数の技術を組み合わせた練習をすること

この2つの条件を満たすことが大切になります。

でも、具体的にどうすればいいの?

と、思われたかもしれません。

実際、一般的な練習や、教則本に書いてある練習するだけでは、
これら2つの条件を満たすのは難しいでしょう。

でも、ご安心ください。

今からあなたにお伝えする練習方法は、
お伝えした「2つのポイント」のすべて満たすことができます。


しかも、私がコーチを務める卓球スクールで、すでに効果は実証済み。

上達に悩み、試合に勝てなかった多くの方たちが、
別人のように試合に勝てるようになった実績が多数ある練習方法なのです。

では、いったいどんな練習方法なのか?

あなたの上達スピードを2倍にアップさせる、
藤井式「規則的練習メニュー」をご紹介しましょう。

藤井式「規則的練習メニュー」が、あなたの上達スピードを2倍にする理由…

藤井式「規則的練習メニュー」が、
あなたの上達スピードを2倍にする理由は「2つ」あります。


1つ目の特徴は、「試合をイメージしやすい」こと。

練習のときに「試合をイメージしなさい」と言われても、卓球初心者は、
何をどうイメージしたらいいのかわからないことは、先ほどお伝えしたとおりです。

でも、試合でよく使われる王道パターンをそのまま練習に取り入れたとしたら?

よくある試合のワンシーンが、そのまま練習になるのですから、
卓球初心者でも、すぐに試合をイメージできるようになりますよね。

しかも、練習したことを、試合で100%そのまま活かすことができます。

藤井式「規則的練習メニュー」は、試合でよくあるシーンを切り出し、
それをパターンとして練習メニューにした

「試合をリアルにイメージできる練習」です。


なので、このパターンを真似るだけで、

「このラリーで試合が展開していくんだ!」
「よく試合で見るこのパターン、こう対処すればいいのか!」

など、卓球初心者でも、カンタンに試合をイメージした練習ができるのです。

さらに、練習した内容が、試合でそのまま使えることで、

  • 試合になると上手くいかない
  • 調子の波がある

など、試合で実力を発揮できない悩みも同時に解決できます。


2つ目の特徴は、
「フットワークと複数のショットを組み合わせた練習をする」
こと。

時間をかけてショット練習をしているのに、試合で思うような結果を残せない理由…。

それは、フットワークに問題があるからです。


卓球の試合では、突っ立ったまま、手だけで返球することはありませんよね。

フォアハンドやバックハンドなど、どんなショットで打つときにも、
必ずフットワークが伴っていなくてはなりません。

もし、ショットの練習ばかりをして、フットワークをおろそかにしていたら?

たとえ、どれだけショットを上達させたとしても、
試合で活かすことは難しいでしょう。


藤井式「規則的練習メニュー」では、フォアハンドやバックハンドなど、
「複数のショットの切り替えとフットワークを組み合わせた練習」をおこないます。

個々に覚えるのではなく、ショットとフットワークを、
まとまった1つのパターンとして、体に染み込ませることで、
試合ですぐに活かせるようになるのです。

「でも、フットワークは、苦手なんだよな…」と、思われたかもしれませんが…

心配することはありません。

なぜなら、フットワークは、
卓球初心者でも、コツさえ掴めればカンタンに習得できるから。


たとえば、卓球のなかでも一番重要な「左右へのフットワーク」。

これは、卓球をはじめたばかりの初心者から、
世界チャンピオンまで、誰しもが必要になるフットワークです。

しかし、苦手と感じている初心者が多いことも、また事実…。

でも実は、左右へのフットワークは、
「体重のかけ方」を意識するだけで、カンタンに習得できるんです。


たとえば、フォアサイドから、フォアハンドで返球したあと、
バックサイドへ移動するとき。

この場合は、まず、右足にグッと体重をかけることを意識してみてください。

すると、フォアハンドで返球した瞬間に、自然と左足が浮くようになります。

右足に体重をかけると…
“右足に体重をかけると…”
ショットの瞬間に、左足が浮きます
“ショットの瞬間に、左足が浮きます”

そして、体重をかけた右足を軸にして、浮いた左足から一歩横へ移動し、
それから、右足を寄せて、左足で着地するようにします。

左足から一歩横へ移動し…
“左足から一歩横へ移動し…”
右足を寄せて移動!
“右足を寄せて移動!”

この方法で、バックサイドに移動すると、着地時は「左足」に体重がかかります。

すると、バックサイドからフォアハンドを打つときには、
左足に体重がかかっているぶん、右足が自然に浮くことになります。

今度は、バックサイドで打ったあと、この浮いた右足から一歩横へ移動し、
先ほどと逆の動きをすることで、左右への素早いフットワークができるのです。


藤井式「規則的練習メニュー」の1つに、
この左右へのフットワークと、フォアハンドを組み合わせた練習があります。

再生ボタンをクリックして、どんな練習なのかを確認してみてください。


他にも、少しだけ、藤井式「規則的練習メニュー」をご紹介しましょう…

他の練習メニューも、少しだけご紹介しましょう。

先ほどのフットワークは、左右へ移動していましたが、
次にご紹介する練習メニューは、左右への移動を伴わないフットワークです。

この練習のポイントは、1本打ったあと、すぐに重心を落としてタメを作ること。

そうすることで、次のボールにも素早く対応できるようになります。

そして、もう1つ。

次は、フォア、ミドル、バックと「3点のフットワーク」のパターン練習です。

「フォア ⇒ ミドル ⇒ バック ⇒ ミドル ⇒ フォア」のコース順に、
飛んでくるボールをすべてフォアハンドで返球します。

打ったあとに素早く次のコースへ入ることが求められますので、
フットワークの強化に効果的な練習メニューです。

いかがでしょうか。

これらの複数のショットとフットワークを組み合わせた練習メニューは、
卓球の王道の展開パターンなので、練習内容を試合でそのまま活かせます。

練習効率をグンとアップできますので、
練習時間の限られている方でも、今よりもっと上達できるようになるでしょう。

早く上達できることはわかった…、でも、具体的にどうやって練習をすればいいの?

と、思われたのなら、ここからの話は大切です。

なぜなら今回、藤井式「規則的練習メニュー」をDVDに収録し、
お渡しさせていただく準備が整ったからです。

DVDでは、先ほどご紹介した「規則的練習メニュー」を、
私のデモンストレーションとあわせ、わかりやすくご説明しています。

また、練習するときのポイントや注意点なども、
感覚論ではなく、理論的にわかりやすく解説しています。

ですので、卓球初心者の方でも、
卓球指導経験の浅い方でも、すぐに取り組むことができます。

それだけではありません…、今回は、「特別な練習メニュー」もご用意しました。

今回は、真剣に上達したい方のために、予想外の返球にも対応できるスキルを磨く、
「特別な練習メニュー」もご用意しました。

卓球は、騙しあいのスポーツです。

試合に勝とうと思うなら、相手の「読み」のさらにその一歩先を読んで、
正確に返球できるスキルが求められます。

なので、もし、あなたが、さらに上のレベルを目指そうと思うなら、
規則的なパターンだけでなく、不規則的なパターンへの対応力も
磨かなくてはなりませんよね。

そのためには、あらかじめ、どのコースに返球されるかを予測しながら、
「万一、予測が外れた場合でも、対応できるスキル」が必要になります。


今回は、そのための練習方法である、

  • 半不規則的練習メニュー
  • 完全不規則的練習メニュー

この2つを収録したDVDも一緒にお渡しさせていただきます。

さらに今回は、二人の練習効率を2倍にさせる、「相互練習メニュー」も、公開いたします…

あなたは、2人で練習するとき、どんな練習をしていますか?

1人が練習をし、もう1人がサポートするという練習をしているのなら、
「もっと効率良く、2人同時に練習できないだろうか」
思ったことがあるかもしれません。

今回は、この問題を解決した、さらに練習効率をアップさせる、
「相互練習メニュー」も、一緒にお渡しさせていただきます。

この相互練習は、ラリーのなかで、攻守を切り替える練習メニューです。

そのため、2人が同時に効率良く練習できるというメリットがあります。

この練習を取り入れれば、限られた練習時間でも、
これまでの「2倍濃い練習」ができるようになるでしょう。


つまり、あなたも、これらの練習メニューに取り組むことで、

  • 今よりも練習効率をアップできる!
  • 練習時間を増やさなくても、ぐんぐん上達できる!
  • 練習メニューのバリエーションが増える!
  • 苦手なプレー、弱点を克服できる!
  • 卓球の王道パターンを覚えられる!
  • プレーの幅が、グンと広がる!
  • 先の展開を「読む」スキルがアップする!

など、短時間で試合に勝てる技術を習得することができるのです。


では、あなたは、今回のDVDから具体的にどんなことを学べるのか?

DVDに収録されている内容の一部をご紹介すると…

練習時間を増やさなくても、2倍のスピードで上達できる、「藤井式練習メニュー」とは…?

DVDイメージ

DVD1収録時間:68
~規則的練習メニュー~

2倍のスピードで上達するための練習のポイントとは…?
フォアハンド、バックハンド、ドライブなど、卓球には色々な技術があります。しかし、1個ずつ練習しているようでは、なかなか上達できません。もし、もっと早く上達したいのなら?ぜひ、この方法で練習してみてください。
初心者から世界チャンピオンまで、誰しもが必ずやる練習とは…?
卓球において、一番重要になるのが「左右の動き」です。初心者には、少し難しいかもしれませんが、ある体の部分を意識しながら練習すると、自然に覚えられるようになります。
試合ですぐに使えるフットワークを習得する方法
フットワークの練習は、ただ足を動かしているだけでは、すぐに使える技術にはなりません。試合で活かすためには、あるポイントを意識しながら練習することが大切です。
どんな球にも即対応できるようになる「2種類のステップ」とは…?
練習効率をアップさせる秘訣は、「2種類のステップ」を使いわけながら練習すること。これさえ覚えれば、移動のムダがなくなり、最小の動きで最大のコースに対応できるようになります。
即試合で使える!「10種類の規則的練習メニュー」を公開!
卓球には、「このボールを打ったら、このボールが返球される」という定石があります。試合で使える技術を習得したいなら、まずは、この定石を覚えてしまうのが得策です。この10種類の練習をしてみてください。ぐんぐん上達するのが実感できるはずです。
相手の返球コースにあわせて、ステップを使いわけるテクニック
上手くステップを使いわけることで、自陣のより広い範囲のボールを返球できるようになります。具体的に、どのようにステップを使いわければいいのか?ここでくわしくご説明します。
自分が主導権を握っているときにオススメの攻撃パターンとは…?
台の近くで、自分が主導権を握っているとき。フットワークをほとんど使わない、この方法で攻撃するのがオススメです。体力の消費を抑えならが、有利に試合を進められるようになります。
バックハンドとフォアハンドを、バランス良く上達させたいのなら…?
この練習を試してください。バックサイドで、フォアハンドとバックハンドの両方を取り入れておこなう練習です。フォアとバックの切り返しが苦手な人にも、オススメの練習です。
なぜ、フットワークの距離は、気にしなくてもいいのか…?
大きく動くか、小さく動くか。実は、これらは練習中に気にしなくても大丈夫。フットワークの上達において大切なポイントは、もっと他のところにあるんです。
少しの工夫で、もっと実戦的な練習にする方法
規則的な練習に慣れてきたら、この方法を試してください。少しの工夫で、もっと実戦的な練習ができるようになります。さらに対応力を高めたいあなたに、オススメの方法です。

DVD2収録時間:49
~半不規則的&完全不規則的練習メニュー~

対応力をアップさせる「6種類の半規則的練習メニュー」を公開!
試合において「読み」は重要ですが、必ずしも読みどおりに返球されるわけではありません。しかし、この半分不規則的な練習メニューに取り組めば、読みが外れた場合でも、慌てることなく冷静に対応できるようになります。
どうすれば、不規則に返球されるボールに対応できるようになるのか…?
初心者にとって、不規則に打ちこまれるボールは、返球するのが難しいと感じるかもしれません。でも、大丈夫。ある意識をもつだけで、予想外のコースに返されたボールでも、サッと返球できるようになります。
試合ですぐに使える!代表的な半不規則的練習メニューとは…?
6種類の半不規則的練習メニューの中でも、試合ですぐに活かせる練習がこれ。ミドルをしっかり守りながら、フォアとバックを自在に対応できるようになる、オススメの練習です。
もし、フォアとバックの切り返しが苦手なら…?
この練習をやってみてください。バックハンドが苦手な人や、フォアハンドからバックハンドの切り返しが苦手な人にオススメの練習をご紹介します。
バックサイドの連打から、いきなりフォアサイドに返球されたら…?
不規則なタイミングでフォアサイドに返球されるケースも、試合でよく見られるパターンです。このボールを上手く打ち返すポイントは、ステップワークにあります。この方法で、ステップを踏んでいれば、慌てることなく返球できるようになるでしょう。
ミドルとバックサイドのラリーから、
いきなりフォアサイドに返球されたら…?
これは、バックの連打とは、少しだけ違うパターン。しかし、バックのあとのフォアと、ミドルのあとのフォアでは、まったく意味合いが違ってきます。上手く返すには、どうすればいいのか?ここで、くわしくご説明します。
フォアサイドの連打から、いきなりバックサイドに打ちこまれた場合は…?
初心者は、体のバランスを崩しやすいシーンですが、大丈夫。体重移動に注意しながら練習してみましょう。すると、楽に左右に動けるようになるので、とっさのボールにも慌てることがありません。
さらに対応力をアップ!「2種類の完全不規則的練習メニュー」を公開!
相手がどこに返球してくるかわからないこの練習は、限りなく実戦に近い練習メニューになります。得意なプレーに磨きをかけることもできますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

DVD3収録時間:37
~相互練習メニュー~

時間のない人にオススメ! さらに練習効率を倍増させる方法
1人が練習し、もう1人が練習をサポートする。こんな練習をしている人をよく見かけますが、これって時間がもったいないですよね。実は、少しの工夫で、2人一緒に効率良く練習できるようになるんです。
2人一緒に練習できる上、思考も鍛えられるトレーニングとは…?
攻守を交代しながら、バックハンドとフォアハンドの切り替えが練習できるメニューをご紹介します。攻守が切り替わるタイミングをしっかり確認しながら取り組んでみてください。
左右への打ち分けを2人一緒に練習する方法
この練習のポイントは、自分が打つコースと返球されるボールのコースをしっかりと考えること。自分が攻撃なのか、守備なのか、どのような状況におかれているかを考えながら練習することで、さらに実戦的な練習になります。
フォアクロス、バッククロスの打ち分けを2人一緒に練習する方法
上の練習を応用したのがこのメニュー。攻守を3本ずつで交代しながら、フォアクロス、バッククロスの打ち分けをおこないます。3本と少し多くなりますので、頭のなかでショットを整理しながら練習するようにしましょう。
バックの連打で様子を見てから、いっきに攻撃に転じる方法
試合でよく使われるのが、このパターン。お互いにバック・バックで様子を見てから、いっきに攻撃に転じます。かなり試合に直結した練習になりますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。
相手のスキを見て、素早く回り込んでフォアで攻撃するテクニック
積極的に攻めたい人にオススメなのが、このパターン。相手の一瞬のスキを突いて回り込み、思いきりフォアを叩き込むパターンをご紹介します。チャンスを得点に結びつける実戦的な練習です。
相手の動きを見る「洞察力」を鍛える方法
卓球において、相手の動きを読むスキルは、勝敗を大きく左右します。この練習なら、2人一緒に洞察力を鍛えられますので、楽しみながら試合に勝てるスキルを身につけることができます。
試合で使える戦略を増やす!「6種類の相互練習メニュー」を公開!
相互練習のメリットは、練習効率をアップさせるだけでなく、「相手を見る力」を養うことができるところです。ここでは、試合のさまざまなシーンで使える、「6種類の相互練習メニュー」を、すぐに取り組めるよう、わかりやすくご説明します。

※ご紹介したのは、DVDに収録されている内容のほんの一部です。

想像してみてください…

今回ご紹介する方法で練習することで、
あなたには、いったいどんな変化があらわれるでしょうか?

まず、練習効率が2倍、もしくはそれ以上にアップし、
見違えるようなスピードでぐんぐん上達するのが実感できます。

それから、苦手なプレーを克服できることで、
今より、ワンランク上のプレーヤーになれるでしょう。

さらに、試合ですぐに使える「王道の展開パターン」を覚えることで、
もっと試合に勝てるようになるでしょう。


大事なことなのでくり返しますが、
他にも、今回の練習メニューに取り組むことで、

  • 今よりも練習効率をアップできる!
  • 練習時間を増やさなくても、ぐんぐん上達できる!
  • 練習メニューのバリエーションが増える!
  • 苦手なプレー、弱点を克服できる!
  • 卓球の王道パターンを覚えられる!
  • プレーの幅が、グンと広がる!
  • 先の展開を「読む」スキルがアップする!

など、短時間で試合に勝てる技術を習得することができます。


そして今回は、真剣に上達したいと願うあなたのために、
「特別なプレゼント」もご用意しています。

DVDをお申し込み頂いた方に限り、「即効で弱点を克服する練習メニューの組み立て方」を無料でプレゼントします!

今回の練習メニューに取り組むことで、
あなたは、何が得意で何が苦手なのかが、はっきりとわかるようになります。

でも、その弱点は、どうやって克服すればいいのか?

そんなときに役立つのが、
この「弱点タイプ別練習メニューの組み立て方(PDFダウンロード版)」です。

弱点を最短で克服できる練習メニューがわかります!
“弱点を最短で克服できる練習メニューがわかります!”

これがあれば、

  • フォアハンドからバックハンドへの切り替えが苦手な人
  • バックハンドからフォアハンドへの切り替えが苦手な人

など、苦手なプレーから逆引きし、
効率良く弱点を克服できる練習メニューの組み立て方がわかります。


これは、今すぐDVDをお申し込みいただいた方限定の特別なプレゼントです。

どの練習に取り組めばいいのか、と悩まれたときは、
ぜひ、この「弱点タイプ別練習メニューの組み立て方(PDFダウンロード版)」を役立ててください。


そして今回は、特別な「保証」もご用意しました。

「興味はあるけど、本当に上手くなれるの…?」このような、ご心配はいりません!90日間返金保証で、DVDをご提供致します。

90日間完全満足保証

「もっと上手くなれるなら、やってみたいけど…」
「同じようにできるかわからないし、正直、不安だな…」

もし、このように思われたとしてもご安心ください。

今回のDVDは、「90日間返金保証」をお付けいたします。

90日間じっくりと取り組んだにもかかわらず、満足のいく効果が得られなかった場合は、気もちよく商品代金をお返しするという約束をさせていただきます。

これは、本当に自信があるからできるサービスです。


卓球というのは、今日練習したからといって、
明日すぐに上手くなるようなものではないことは、わたしも十分承知しています。

ですので、まずは、DVDをお手に取っていただき、90日間じっくりとお試しください。

そして、確実に上達していくことを、あなたの目で直接確認していただきたいのです。

「あとで申し込もう」と思うと、忘れてしまうかもしれません。

いますぐ、下のボタンをクリックして、お得なこの機会にお申し込みください。

あなたが、もっと上達できることを心から応援しています。

「試合に直結した日々の練習メニュー」~基本編~DVD

「試合に直結した日々の練習メニュー」~基本編~DVD

【DVD3枚組+特典PDF付】

販売価格14,800円(税・送料込)

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

Q&A(誰でも取り組める内容ですか…?)

Q、小さい子どもでも、実践できる内容ですか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介するのは、卓球の定石ともいえる練習メニューです。また、初級者から上級者まで、レベルに関係なく取り組まれている練習メニューも多数収録しています。ジュニアの頃から正しい方法で練習することは、その後の成長を大きく左右します。ぜひ、いまのうちから、正しい方法で練習させてください。
Q、子ども一人でも取り組める内容でしょうか…?
もちろんお子さんだけでも大丈夫です。練習方法はすべて、くわしい説明とデモンストレーションを合わせて収録しています。ですので、お子さん一人でも安心してお取り組みいただけます。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されている内容を実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「いますぐやろう!」と思う、あなたの気持ちだけです。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
ご安心下さい。このDVDに収録されているノウハウに取り組んだにもかかわらず、全く結果が出なかった場合、ご購入日より90日以内であれば、何度ご覧いただいた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させて頂きます。
Q、インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

お申し込み

追伸1

このDVDは、90日間返金保証付です。

もし、今回のDVDにご満足いただけない場合は、ご返金致します。

ですので、「90日間試したが、効果が一切感じられなかった!」という場合には、
料金を頂くつもりはありません。

ぜひ、90日間じっくりとお試しください。

追伸2

今すぐDVDをお申し込み頂いた方に限り、
「タイプ別練習メニューの組み方」を無料でプレゼントいたします。

これがあれば、苦手なショットを克服するには、どうすればいいのか、
その最短ルートがわかります。

ぜひ、上達にお役立てください。

追伸3

決断を迷うのでしたら、急いでお申し込みください。

商品の数には、限りがございます。

もし、内容にご満足頂けない場合はご返金致しますので、
まず、お手に取って頂き、90日間じっくりとお試しください。

それが、あなたにとって最もリスクがない選択です。

お申し込み